休業日:8月23日~25日(お盆) 11月10日~11月20日(研修)※変更予定あり

トランクルームとは?

トランクルームとは?
普段使うモノ、大事なモノ、たまに使うモノなどを収納・保管する施設です。ちなみに車のトランクも「トランクルーム」と呼ばれています。
トランクルームは2種類に分かれており、道路沿いや住宅地など街中でよく見かける「 コンテナ 」と商業ビル内部などに設置されている「 トランクルーム 」があります。それぞれの名称は「 屋外型 」または「 室内型 」と呼ばれ、別の名称では、「 ユニットタイプ 」または「 ビルインタイプ 」とも呼ばれています。

「ユニットタイプ」屋外型とは?
「ユニットタイプ」屋外型トランクルームは、専用の敷地にコンテナを設置しているスタイルが主流です。よく街中でコンテナが置いてある風景をみる機会があると思います。そのコンテナが屋外型トランクルームです。
「ユニットタイプ」屋外型トランクルームのメリットは、自動車でコンテナの前まで行けるので運搬をしやすい事、大型のモノや重量のあるモノでも、あまり苦労せずに出し入れ出来る事、比較的料金が安い事などが挙げられます。
一方で「ユニットタイプ」屋外型トランクルームのデメリットは、出し入れの際に天候の影響を受けやすい事、預けるものが雨や砂埃で汚れてしまったり、強風で作業中に転倒したりするリスクがある事、第三者がコンテナに近づくのを防ぐことが難しい場合もあり、セキュリティが万全とは言い難い事などが挙げられます。

「ビルインタイプ」室内型とは?
「ビルインタイプ」室内型トランクルームとは、商業ビルなどの施設内部に設置されてあるトランクルームです。その為、外部からトランクルームをあまり見る事ができないスタイルです。
「ビルインタイプ」室内型トランクルームのメリットは、セキュリティが優れている事、トランクルームの空調、湿度管理がされている事、オートロック設備で二重の防犯体制が組まれている事、万が一の為のトランクルーム用保険が用意されている事、管理スタッフが常駐していて定期的な巡回を行っている事、防犯カメラで遠隔監視されている事、第三者が容易に近づけない事、即日契約・即日利用が可能な事、夜間も安心して利用できる事などが挙げられます。
一方で「ビルインタイプ」室内型トランクルームのデメリットは、利用料が高めに設定されている事などが挙げられます。