休業日:9月18日

トランクルーム

トランクルーム

トランクルーム

メディアなどで度々登場するようになった「トランクルーム」という言葉。あまり聞きなれない「トランクルーム」を紹介していきます。

そもそもトランクルームとは、昭和6年、三菱倉庫がアメリカ合衆国の家具倉庫からヒントを得て、東京の本社建設と同時にビルを利用し、高価品を預かるかたちで始まったと言われています。日本のトランクルームは様々な名称が使われており、主に《トランクルーム》《レンタル収納スペース》などの名称が使用されています。また、事業者も《倉庫事業者》《非倉庫事業者》と区別されています。

倉庫事業者《トランクルーム》

トランクルームとは、「倉庫業法により国土交通大臣の登録を受けた倉庫事業者が、消費者の家財・美術品等を、一定期間預かり保管管理を行うための施設、業務体制が優良である旨の認定を受けた倉庫」とされています。

倉庫事業者のトランクルームサービスは、所有物を預かる代わりに保管の安全、出し入れ時間の制約、出し入れの立会などが必要になってきます。その為、所有物を預かった時点の状態で保管する事が基本であり、紛失などが生じた場合は、保険により補償されます。

非倉庫事業者《レンタル収納スペース》

レンタル収納スペースとは、「スペースを提供するかたちで行うもの(トランクルームまたはレンタル収納スペースサービス、レンタルボックスなど)トランクルームとして鍵を利用者に渡して、自ら管理してもらうという方式であり、保管管理責任はいわゆる自己責任となっている」とされています。

非倉庫事業者のレンタル収納スペースサービスは、収納スペースを提供する為、24時間出し入れOK、出し入れの立会不要など自由な取り出しが可能となっています。その為、所有物を預かるのではなく、所有物の置き場を提供しているだけなので、紛失などがあった場合は、自己責任になります。しかし、非倉庫事業者によるトランクルーム保険が浸透し始めており、倉庫事業者同様に紛失などが生じた場合は、保険により補償される様になっています。

トランクルームカテゴリの最新記事